企業導入事例:ダイハツ工業株式会社 様

単なる「自己研鑽」から脱却し、
英語学習人口の増加につながるきっかけを与えてもらった。

ダイハツ工業株式会社 様

CS本部 本部長 専務執行役員

生駒 勝啓 様

従来の教材にはなかった、入口の易しさと楽しさ

弊社では、過去20年にわたり英語教育を実践してきましたが、学習者人口が増えていかないという課題がありました。その間、グローバル化が急速に進むにつれて、弊社でもその対応が本格的に求められる状況となりました。これまで英語学習を促進するにあたっては、「自己研鑽=各自で努力してください」と言い続けてきました。ただ、自己研鑽という言葉そのものは美しいのですが、それだけではただのスローガンに終わってしまい、結果として学習者人口も増えませんでした。学習者人口を増やさないことには、全社を変えることはできない。まさに過渡期を迎えていたところで、楽天のサービスに出会いました。従来の英語教材は、教育目線独特の「硬さ」がありましたが、楽天のサービスは、入口の易しさ、学び続けたくなる工夫が備わっていて、とても魅力的に感じました。

成果をデータ化し、企業や個人ごとにカスタマイズ

image

一般的な教材は、学習したことに対する成果やユーザーの成長がわかりづらいものが多いのですが、楽天のサービスは蓄積された中から、あらゆる学習データを抽出することができます。営業でもなんでもそうですが、成果をデータ化することはとても重要。数字で視覚化するからこそ、モチベーションを維持することができ、結果として目標も達成できるのです。また、数えられるデータがあることで、個人はもちろん、部署単位での学習状況も把握しやすくなりました。目標や進捗を数値化して共有するようになってからは、我々も一人ひとりを評価しやすくなり、それは学習者自身のモチベートにもつながっています。これからも、楽天のサービスを通して英語学習を促進することで、一人ひとりに光を当てながら、やがては全社に普及できるようにサポートしていきたいと思います。

「きこえ~ご」で学習した社員様の感想
  • 山内 様
    勉強が苦しいものではなく楽しいものに変わりました。
    山内 様
  • 亀山 様
    リスニングはもちろんスピーキングの練習にも使えます。
    亀山 様
  • 亀井 様
    日常生活の中で、無理なくゲーム感覚で遊べます。
    亀井 様

このようなご質問・ご要望もお気軽にご相談ください。

・会社として英語化を推進していくことになったのですが、何からはじめれば良いでしょうか。
・社員ひとりひとりの英語に対してのモチベーションを上げるためにどういったことをすれば良いでしょうか。
…など
これらの疑問の解決に、きっとお役に立ちます。

このようなご質問・ご要望もお気軽にご相談ください。

資料請求・お問い合わせ

小さなご質問からお悩みの課題まで、お気軽にご相談ください