記事

楽天社員のTOEIC攻略法

仕事と両立してTOEIC® 890点達成。休日集中型の勉強法とは。

仕事と両立してTOEIC® 890点達成。休日集中型の勉強法とは。

社内公用語の英語化を実現した楽天。
英語化のベンチマークのひとつとして、TOEIC® 800点をスタートラインとしています。
楽天は英語化を進める過程で、たくさんのTOEIC®勉強法やノウハウを蓄積してきました。
そんな勉強法やノウハウの一部を様々な社員にスポットライトを当て、ご紹介していきます。

Bさん
楽天モバイル」担当
初回のTOEIC®スコア: 620点
TOEIC® 800点までの勉強期間: 約7ヶ月

BさんのTOEIC®スコア推移: 短期集中の勉強で右肩上がり

BさんのTOEIC®スコア推移

BさんがはじめてTOEIC®を受けたのは学生時代。特に対策はせず、初回スコアは620点でした。しかし卒業してからは英語と離れる日々が続き、楽天入社直前には535点と大きくスコアを下げてしまいました。
入社後は「とにかく早く楽天社員としてのスタートラインに立つ!」という強い気持ちを胸に、休日の大半を勉強に費やす短期集中型の勉強スタイルへ。スコアが伸び悩み、モチベーションが下がった時期はあったものの、約7カ月でTOEIC®800点を達成しました。

TOEIC® 700点への勉強法: なるべく早く自分に合った勉強法を見つける!

img

Bさんはスムーズに600点台を超えたようですが、どんな勉強をされていたのですか。

勉強法とは少し違いますが、自分に合った勉強法を見つけることが非常に大切だと思います。語学の勉強では「慣れ」が重要ですし、慣れるためには継続的に勉強をしなければいけません。自分に合っていない方法では、継続することができないでしょう。

自分に合った勉強法とはどういうものでしょうか。

まずはどんな教材が自分に合っているかを探ることだと思います。自分の場合はTOEIC®に継続的に取り組み続けている方のブログやまとめサイトを調べて、複数の方がおすすめしている参考書を確認、手当り次第に買っても意味はないので、自分に合いそうなものに絞って購入しました。色々な教材を試していった結果、英単語はアプリ、リスニングは動画サイトの英語コンテンツ、英文法はパート別の参考書、長文は「TOEIC(R) L&R テスト 究極のゼミ Part 7」と「TOEIC® L&Rテスト正攻法で攻めるパート7読解問題」が自分に合っていました。
英単語は気軽に使えるアプリを選びました。やはり紙の単語帳よりスキマ時間に取り組みやすかったです。またアプリによっては自分の間違った英単語を記録してくれているものもあり、繰り返し反復学習できて便利でした。
リスニングの勉強は、最初はYouTubeで英語の動画を聞き流していました。まずは英語に慣れることを意識していて、しっかりと聞く・問題を解くというのは後でも良いかなと考えていました。
英文法や長文読解は、様々な参考書を手にとってみて、続けられそうなものを選ぶのが良いと思います。TOEIC®はパートに分かれた出題があり、前半はリスニング、後半は文法やリーディングに分かれています。自分はたまたまパート別の参考書でしたが、パート別の対策本でなくても構いません。700点台に到達するには英語の土台をしっかりと身につける必要があるため、パート別の対策をするより基礎固めをした方が効果的でしょう。

公式問題集は使わなかったのですか。

公式TOEIC® Listening & Reading 問題集を使いはしたのですが、600点のスコア時では繰り返し使用したわけではありません。周りの方から「公式問題集は最高の教材だよ」とアドバイスいただいたこともあったのですが、どうも自分には合わなくて......。

合わなかったというのはどういう点でしょうか。

TOEIC®の公式問題集って大判じゃないですか。そうするとカフェとか家で腰を据えてやらなきゃいけない。「さあ勉強するぞ!」ってかしこまらなきゃいけないですよね。そうじゃなくて、もっとフランクで気軽に勉強できるのが自分に合っていたので、最初の頃はそれほど使っていませんでした。どうしても「自分と教材の相性」ってあるので、周りの方が良いと感じた教材が自分に合わないこともあります。必ずしもひとつの方法に固執する必要は無いと気づきました。

TOEIC® 800点への勉強法: スキマ時間をとことん活用

img

TOEIC® 600点台と700点台で勉強法は変わりましたか。

変わりました。英単語の暗記はスキマ時間をさらに意識するようになり、昼休みや通勤中など細かな時間を見つけては英単語アプリを使い、語彙数を増やすように努めました。リスニングはYouTubeの聞き流しから、公式問題集をベースにした勉強に移行。英語に慣れることから点数を取る勉強に変えていきました。

2019年3月に730点を取ってから、7月の725点まで横ばいのスコアですよね。何か原因があったのでしょうか。

明確な原因というのは分かりません。ただ、自分の課題ははっきりとしていました。英単語と文法力です。語彙力はリスニングやリーディングの根幹となる部分ですし、文法力は穴埋め問題のPart5、6だけでなく、Part7の長文読解問題の読解スピードにも関わってきます。

TOEIC® 700点台でも英単語と文法の勉強は続けるべきなのですね。

そうだと思います。たとえPart5、6の点数が取れていても文法の勉強は続けるべきです。反射的に答えられる問題数を増やして、解答スピードを上げることができますから。また、英単語の勉強も重要です。もちろん勉強時間の占めるウェイトは変わってきますが、どのスコア帯でも勉強するべきだと感じています。文法が分かっていても、英単語が分からなくて解けない問題もありますから。

2019年7月に725点、その1カ月後には890点となっています。何かきっかけはあったのですか。

2019年7月~8月は、TOEIC®に対してのモチベーションが最もあった時期ですね。学んだことが自分の英語力につながっている実感がありました。とくに、自分は物事が進捗している時にモチベーションを感じるので、かなり熱心に勉強に取り組んでいましたね。

TOEIC®を本気でやるなら勉強時間は休日に作れ

img

仕事と両立しながらの勉強は大変だと思います。どうやって勉強時間を確保したのですか。

主に休日ですね。平日は仕事終わりに1~2時間。休日は土日それぞれ4~5時間勉強していました。700点代後半からは、通勤や昼休みなどのスキマ時間も使っていましたね。

休日4~5時間の勉強はすごいですね。どこからそのモチベーションが?

他の方の参考にはならないかもしれないですけど、一番大きいのは楽天社員だったことですかね。早くスタートラインに立ちたいという思いでした。

TOEIC® 800点がスタートラインですからね。

そうなんです。できるだけ早く達成したかったのですが、仕事がある平日に勉強時間を確保するのは難しいので休日に確保することにしました。友達と遊びに行ったり、買い物をしたりしていた時間をTOEIC®の勉強に置き換えた感じです。

かなりストイックですね。集中して取り組むことのメリットはありましたか。

やはり「英語に慣れるスピードが早くなる」というのが一番良かった点です。集中して時間を投下したほうが反復学習のサイクルも速くなりますし、忘れにくくなりますしね。覚えたことはなるべく速く復習しないと忘れていってしまう。でも新しいことも覚えなければいけない。新しく覚えることと反復学習のバランスを考えた時に、まとまった時間を確保するのは大切だと考えました。

モチベーションが下がった時は、なりたい自分を列挙する

img

TOEIC®の勉強のために休日を犠牲にするというのは、なかなかできることじゃないと思います。

やはり休日に数時間も勉強しているとモチベーションが下がる時もあります。そんな時は「英語をできるようになったらやりたいこと」を列挙しました。「スタンドアップコメディを楽しみたい」、「海外ドラマを字幕なしで楽しみたい」こんな些細なことでも、列挙してみるとモチベーションが上がります。また「TOEIC® 800点を取れたらあの人はどう思うだろう」と想像してみたりもしました。具体的な人を思い浮かべて「TOEIC® 800点取りました」と報告した時の反応を想像するんです。

継続的な学習とモチベーション維持は両輪の関係なのですね。

数ヶ月勉強し続けると、どうしてもモチベーションが下がる時期がありますからね。でも、時間をかけた分だけスコアが伸びるのもTOEIC®の面白いところだと思います。そのために目標スコアを決めておくことは大切です。自分の場合はTOEIC® 800点が目標スコアでしたが、気持ちの上では900点を目指していました。

目標を意識しすぎると、不思議と途中でブレーキがかかってしまいますからね

そうなんです。900点を目指している過程で自然と800点を達成しているイメージでしょうか。ただ、TOEIC®はあくまで資格の勉強。TOEIC®のスコア達成が目的ではなく、スタートラインという意識も持っていました。

改めてTOEIC®の勉強を振り返ってみていかがですか。

実は最初は3カ月で達成できると思っていました。でも思ったより基礎力が足りてなくて時間がかかってしまった。TOEIC®のその先の目的とTOEIC®の目標スコアを決めて、エネルギー配分を調整する。集中的に勉強するにはこうした下準備が必要だと痛感しました。思ったより時間がかかりますからね。「思ったより時間がかかるけど、かけた時間だけスコアが伸びる。キツい瞬間はたくさん訪れるけど、1分の積み重ねが必ずゴール到着を早める。だからやり続けよう」過去の自分にはそう声をかけてあげたいですね。

Bさんありがとうございました。

TOEIC® is a registered trademark of Educational Testing Service (ETS).
This website is not endorsed or approved by ETS.

記事一覧へ

関連するサービス

  • Rakuten ABCmouse
    Rakuten ABCmouse

    Rakuten
    ABCmouse

    幼児教育

    Rakuten ABCmouseはアニメーション、読み物、ゲーム、パズル、歌、アートなど5,000以上の学習アクティビティを通して、ネイティブの英語を学べる英語学習プログラムです。

    詳細をみる
  • LINGVIST
    LINGVIST

    LINGVIST

    学生社会人

    簡単に覚えられた言葉と忘れてしまった言葉をAIが把握し、あなたの習熟度にあった出題をするため、スピーディーに語学力をレベルアップできます。

    詳細をみる

Rakuten Super Englishとは

ニュース

イベント
new2019年11月5日 イベント登壇